月別アーカイブ: 2013年11月

ねこバズーカ開発中!!(`・ω・´)

はじめまして、iPhoneアプリ班リーダーの海老原です٩( ‘ω’ )و

私たちiPhoneアプリ班は、三年生の私と二年生二人の計三人で、iOSで遊べるゲームを開発しています。
それがこちら!!!

iOSシミュレータのスクリーンショット 2013.11.29 21.26.59

その名も「ねこバズーカ」!
このゲームのコンセプトは、【大量のねこで世界征服】です!!
敵に向かってねこを射出し、世界中に巣食う巨大生物どもをやっつけましょう!

開発中の画面をちょっとだけお見せします(・ω・*)≡3

iOSシミュレータのスクリーンショット 2013.11.29 21.27.38

世界地図から戦地を選択して…

いざ!尋常に勝負!!!!!!!!!!

iOSシミュレータのスクリーンショット 2013.11.29 21.27.22

先陣を切るねこ

iOSシミュレータのスクリーンショット 2013.11.29 21.48.39

おらおらおらおらーーーーーーー

BaPXLOyCIAAsLQh

ヒット!

BaPXIBsCAAAawHz

そして…

BaPVysMCIAAtSH9

やりました!
これでねこたちが世界征服する第一歩を踏み出しました!!

しかし世界にはまだまだ多くの敵が蔓延っています……
いろいろな種類のねこたちをパワーアップさせ、まだ見ぬ敵たちを倒しましょう!
やがて世界はねこたちのものに!!



こちらのアプリはまだまだ開発中ですが、一通りゲームはプレイできる段階にまで仕上がっているため、多くのエンジニアたちが集まるDMTC EXPOに出展する予定です。

ねこバズーカ、リリースしたらみなさんもぜひプレイしてみてください!

こんにちは、世界! Tsukuba Engineers Lab です!!

こんばんは。
Unity班プロジェクトリーダーの熊田です。

昨日、Tsukuba Engineers Labのスマホアプリ班から
「プリクラ補正軽減 Primo」が遂にリリースされました!
1万を越えるリツイートを頂き、初日のダウンロード数もなんと5万を越えていたそうです!
スマホアプリ班に代わりましてお礼を言わせてください!ありがとうございます!

リツイートの嵐で、鳴り止まないiPhoneというのを初めて目にしましたが面白かったです!笑
まじで通知で震え続けるんですねw
僕は直接開発などには関わっていないのですが、
同じTEL(Tsukuba Engineers Lab)の仲間がここまでぶちかましてくれたことに感動しました!笑

PVもあるのでお時間がある方は是非見てあげてください!!w

さて。

いままでわりとひっそりとしていたこのTELのブログですが、
プリモのおかげか、昨日から訪問者数が増加しているそうです。ありがたいことです!

というわけで、
みなさんに 「TELとはなんぞや」 ということについてざっくりと説明させていただくと、
「筑波大の学生が主体で、企画・開発をし、とにかく興味あることおもしろいことにチャレンジしていこう」という団体です。
まあたぶんこんな感じであってると思います!

つまりTELにあるのは、なにもプリモだけというわけではないのです!!!!
そうです!! プリモだけではないのです!!!!!!!

現在は、スマホアプリ班の他に、スマホゲーム班、Webアプリ班、Unity班の3つがありまして、
スマホアプリ班同様に各班もプロダクトの製作を進めているところです。

というわけで、今日はUnity班から製作中のプロダクトについてかる〜く紹介したいとおもいます。

まずUnity班といっても何をやる班なの?と思われる方もいらっしゃるでしょうから、
端的に説明させていただくと、ゲームを作ってる班です。 ゲームです。

ジャンルは3Dアクション!
こちらはプリモのようにモバイル端末上で作動するものではなく、PC上で実行されることを想定しています。

というわけで開発中のゲーム画面の一部をちらっとお披露目…

hello, world01

広大なフィールドに、敵らしきガイコツさんがいらっしゃいますね。

ガイコツさんがなんかめっちゃ振り上げてるので本当は逃げた方がいいんですけど、
スクリーンショットを撮るために主人公は棒立ちさせてます。

このスクリーンショットからふんわりと感じられると思いますがわりと壮大な感じになってますw
プロジェクト進行中に何度か規模の見直しを行ったのですが、
今回は大きいのを作りたいと当初に決めたので、
見直しを行っても行っても、結局はこんな感じの規模になってしまいました。

ちなみにステージ1の開発画面での様子が以下の画像です。

hello, world02

どうですか? わりと広大でしょう?

なにを血迷ったか、同程度の規模のステージがまだいくつかあるので冒険のしごたえはあるんじゃないかなーと思ってるわけです。
まあまだちゃんとデバックプレイできてないのであれなんですけど。

敵もゲームらしいAIを搭載しており、いい感じに動いてくれますし、
主人公もただ滑るだけではなく、細かなモーションが設定されております。

そしてなんといってもやはり特筆すべきなのが
オンラインモードの存在です!!!!

TELの基本理念の通り、我々Unity班はとにかくやりたいことを自由にやっているので、
いろいろと手を出せそうなことには積極的に挑戦してます。
(作業量的に自分たちの首をしめているような気もするのですが・・・w)

オンラインモードの画像もどどーんと掲載しちゃいたいところですが、
ここでばんばん情報を出しちゃうのもあれなので今日のところはこんな感じですませようかとおもってます。

完成後には一般に無料公開するつもりですのでしばしお待ちを!

ちなみに気になるタイトルは・・・

Hello, world!!       です!!!!!

・・・ふざけてないですよ? 大真面目です。

hello, world03

 

まあ、今日のところはこんな感じですかねー!

と、いうわけで、 Tsukuba Engineers Lab の今後の活躍にご期待ください!
あと、プリモのダウンロードよろしくおねがいします!!!!
では!

「プリクラ補正軽減 Primo」リリースしました!!

スマホアプリ斑で開発とチームマネージメントをしていました、Takeshiです。

「プリクラ補正軽減 Primo」が遂にリリースされました!

 

Primoを使えば、プリクラ画像を変換前の姿に戻すことができます。

https://itunes.apple.com/jp/app/purikura-bu-zheng-zhi-jian/id722231288?mt=8

 

PVはこちらになります。

https://www.youtube.com/watch?v=ck3weRk4WYE

 

このアプリ、リリースするまでになんと半年かかりました。

企画・開発で約4ヶ月リリースするまでに2ヶ月と険しい道のりでした。

 

開発の初期段階では、実際にチームのみんなでプリクラを撮りにゲーセンへ行き、

プリクラ機や撮ったプリクラを眺めて研究しました。

時々変な目で見られることもありましたが、それを物ともせずにPrimoの開発に没頭しました。

 

また開発中にメンバ—が倒れて救急車で運ばれたり、

3週間かけて地道に作ってきた機械学習のファイルがなぜか消えてしまったり、

とにかく波乱な開発期間でした。

 

開発中にたくさんの壁に衝突しましたが、その都度なぜか笑っていられるチームでした。

壁にぶつかることを楽しんでいるような笑

 

無事開発を終えAppleに申請を出すところまで行き着くも簡単にはリリースさせてくれませんでした。

ここからがリジェクト地獄の幕開けです。

申請を出すも6回の洗礼(リジェクト)を受け、「もうこれ以上無理!4日後に控えるEXPO(展示会)に間に合わない!」

というところで、なんとかリリースされ、変なスリルを味わいさせてくれました。

無慈悲なリジェクトだと思う節もありましたが、

リジェクトの嵐によって私たちのアプリが更に良くなったと思うのでAppleに感謝です。

 

今回このアプリをリリース出来たのはチームのみんなが頑張りによる物だと思うし、

このチームで半年間盛り上がってアプリ開発できて本当に良かったと思っています。

 

またこのメンバーでアプリ作りたいなぁ

 

ss5_00

記事を読んでくれた方是非プリモを使ってみて下さい!!

リクルートコミュニケーションズ × DMTC Growth Hack Sessionに参加してきました。

TELでスマホアプリを開発している吉田です。

本日行われた、リクルートコミュニケーションズさんとDMTC合同企画のGrowth Hack Sessionに参加してきました。

Growth Hackという定義も曖昧なんだそうですが、リクルートコミュニケーションズさんのエンジニア文化としてただ開発が出来るだけじゃなくてアイデア、企画、マーケティング、ディレクションまで高速で行っていき、サービスの成長を加速させていけるエンジニアさんが多いそうです。

僕たち学生エンジニアがただアプリを開発して自己満足で終わらないように、その後のサービス運用上での問題、ユーザーの要望への対応と高速な実装による改善、KPIなどの統計データの分析などをしてサービスを成長させることをGrowth Hackと定義して、僕たちが抱えている問題やこれから運用していく上での疑問などをリクルートコミュニケーションズさんの優秀なGrowth Hackerさんたちに質問させて頂ける機会を設けて頂きました。

個人としては大きく分けて3つのことに関して特に勉強になりました。1つが開発前に制度を整えることと、 2つ目が運用していく上できちんと数字をとって定量的に判断していくこと、3つめがリリース後の広告運用に関してです。

1つ目の開発前に制度を整えるというのは、僕たちスマホアプリを開発する上でRedmineを使用してチケット駆動開発をしようと考えていたのですが、はじめにきちんと制度や使い方を統一していなかったこともあって、一部の人が利用しているだけで効果を発揮出来ないまま開発を終えてしまったということがあります。

「あまり会えない人と開発する際、どのように開発者とのコミュニケーションをとるのか」という質問の中で、エンジニアさんとしては開発前に一日一回はチケットを振られたことに対してなにか反応をするとか制度を決めておくと開発する上でコミュニケーションロスによる失敗が減ります。という回答があってきちんと開発前にルールを決めて開発することの重要性を感じました。

2つ目が、サービスの中でユーザーの行動などの数字はきちんととって定量的に仮説の検証と効果の測定をしていって合理的な判断が出来るようになることです。
ある仮説に対して定量的に効果を測定していくことで自分たちの主観ではなく数字に頼ることが出来るので、判断のミスが減るんじゃないかと思いました。
リクルートコミュニケーションズさんでは、ユーザーの画面遷移などの行動はすべて記録しているんだそうで、意図しない行動が多いと判断したときに改善が出来るようにしているんだそうです。僕たちからユーザーが集まるサービスが生まれたときには必ず行っていきたいですね。

3つ目が、個人的に質問させて頂いた広告運用に関してです。アプリをリリースしてみると分かることですが、先日リリースした美脚戦士でも広告運用してみないか?みたいなメールが少しだけ来ます。これから僕たちがリリースするプリモに関しても参考になると思い、コストと効果とユーザビリティに関して結構つっこんだ質問をさせて頂きました。ありがとうございました。

こういった運用ノウハウや開発の知識をTsukuba Engineers Labでも共有出来る仕組みを作って、僕たちがみんないつのまにかGrowth Hackerに成長し、面白いサービスを量産出来る体制がとれると良いなあ…

今日はとても勉強になりました。リクルートコミュニケーションズさんありがとうございました!

2013-11-23 16.45.50

BearTailさんとご飯に行きました!

こんにちは佐々木です。

 

我々スマホアプリ班は昨日、

株式会社BearTailの社長さんである黒崎さんとご飯に行ってきました。

 

BearTailさんはスマホでレシートの写真を撮るだけで家計簿がつけられるサービス「Dr.Wallet」で有名な会社さんです。

ちなみに会社を立ち上げたのは、僕らの学類の一学年上の先輩方です。

なので、見知った先輩がいたり、同級生がバイトしてたりでよく考えたらいろいろ関わりがある会社さんでもあります。

 

今回は我々のアプリ、「プリクラ逆変換器 Primo」がリリース直前(てかもうリリースしていて欲しかった…)

ということで、主にリリース後の情報の発信、広報についてのお話を聞かせていただきました。

 

世の中に溢れているたくさんのアプリに埋もれてしまわないよう、いかにして情報を発信していくか、

考えさせられる部分も多く、Rejectの嵐によって憔悴しきったメンバーの眼にも再び情熱の火が灯ったように思います。

 

他にもチーム開発にあたっての問題解決や、会社ならではのお話なども聞かせていただき、

今後のTELの活動等にも生かしていきたいと考えると同時に、個人的にもとても楽しませていただきました。

 
1441444_10202606630748017_93586587_n

Tsukuba Engineer Labとしても、今後こういった機会を増やせていきたいと思います。

 

黒崎さん本当にありがとうございました!